除雪の作業効率を改善しコスト削減!

作業効率の向上によるコスト削減効果

クラウドアイを導入することによって、作業員全体のコスト意識・作業効率の向上につながり、作業時間の短縮が期待できます。

仮に作業車1台あたりの時間単価(人件費・燃料代等)を13,500円とし、1シーズンの稼働台数を1,100台、シーズン中の出動を20回とした場合、平均して30分の作業時間短縮が達成できれば、実に約1億5000万円ものコスト削減を実現することができます。
(下記例:北海道札幌市の除雪データ等に基づく試算)

コスト削減レポート

運行状況を記録した帳票を作成

各作業車の運行記録は、クラウドアイ端末に挿入したSDカードに記録・保存されます(通信プランでは自動的にサーバにデータが保存されます)。
帰庫時に各作業車からSDカードを回収し、データをサーバーに転送・集約することで、全作業車の運行状況を記録した帳票を作成することができます。
帳票は項目別にソート(並べ替え)できるので、作業時間等の平均値など、統計情報を得るのに効果を発揮します。

出庫・帰庫時間を自動で記録

クラウドアイを搭載した除雪車両の保管場所、待機場所をあらかじめ登録しておくことで、出庫時(車両がその場所を出たとき)、および帰庫時(その場所へ戻ってきたとき)の時間を自動的に記録することができます。
管理画面では複数台の車両の管理を一度に行えるので、除雪エリア一円の作業車を一度に管理できます。

除雪車

競争意識の向上による作業効率の改善

クラウドアイ端末を搭載した作業車の帳票から、各担当者の作業効率の良し悪しが見えてきます。作業時間の平均値をひとつの目安にするなど、作業効率の改善に向けた意識付けをすることで、除雪方法の見直しや、互いに切磋琢磨を促す機運が作業員同士に生まれることから、全体の作業効率の改善にも効果があります。

運行状況の監視が可能
急挙動を検知して安全運転指導
万一の事態も動画で記録
建設現場にも活用できる
ページトップへ戻る