GPSで運行状況を把握

クラウドアイシステム概略図

管理車両の運行状況を遠隔監視

クラウドアイは、GPS(全地球測位システム)のほか、KDDIが提供するauの第三世代移動通信(3G通信)システムを搭載し、専用回線(CRG)を介してインターネットに接続することができます。管理者は専用サイトにログインし、クラウドアイに蓄積された最新の運行状況をサーバー経由で取得することで、車両の位置情報や運行状況をリアルタイムで、さらに複数台同時に把握することができます(※注)。
※クラウドアイ搭載車両がau電波網の圏外にある場合はリアルタイム性が保持されない場合があります。

専用ソフト不要で利用可能

車両運行管理システムに限らず、既存のITソリューションの多くは、データを処理するための専用ソフトを必要とすることから、ソフトのインストールされていない端末(自宅のPCなど)からは情報にアクセスができないといった共通の問題を抱えています。

その点、クラウドアイで収集されたデータはすべてクラウドサーバーに送られ、サーバー側で処理・記録・保存されます。
専用ソフトを必要としないため、管理者は専用URLとID・パスワードを入力するだけで、世界中どこにいてもインターネットからすべての車両状況を確認することができます。

車両への設置が簡単

クラウドアイは、このようにさまざまな機能を搭載した高機能端末ですが、車両への設置は驚くほど簡単です。

端末に付属の吸盤を車両のフロントガラスに貼り付け、シガーソケットから電源をとるだけの簡単設置で、すでにご利用いただいている全国のユーザー様からは、「安くて手軽で高機能。管理体制の改善でコスト削減にもつながった」といった声も多く寄せられています。

簡単設置
運行状況の監視が可能
急挙動を検知して安全運転指導
万一の事態も動画で記録
建設現場にも活用できる
ページトップへ戻る