ドライブレコーダーを標準搭載

万一の時も記録できるドライブレコーダーを標準装備

クラウドアイは、車両運行管理における大きな悩みのひとつである、事故後の処理に因る負担を低減します。運転手がどれだけ安全運転を心掛けていても、事故を完全に避けることは困難です。クラウドアイはドライブレコーダー機能を標準搭載しており、衝突の5~30秒前から(標準出荷時設定は20秒)の映像を自動的に記録することができます。
ドライブレコーダーで記録したデータは事故経緯の把握や、客観的な証拠として保険会社や捜査機関への情報提供が可能となることから、万一の事故に対する備えとしてもご利用いただくことができます。

ドライブレコーダー

エリア登録を行い、徹底した安全管理が可能

クラウドアイは、エリア登録機能により、地図上で設定する任意のエリアに対して、様々なイベントを設定することができます。
設定したエリアに車両が進入した際に、運転手にアラームや文字メッセージで注意を促すことが可能なほか、「進退履歴を残す」「制限速度を設ける」「離れた場所の電光掲示板や回転灯を連動させる」などエリアに対してイベントを起こすことができるため、ドライバーと歩行者の双方に注意を促すことが可能になります。

LED表示
電光掲示板
運行状況の監視が可能
急挙動を検知して安全運転指導
万一の事態も動画で記録
建設現場にも活用できる
ページトップへ戻る